Kindle」カテゴリーアーカイブ

Kindle PaperWhiteの自動スリープ用磁気センサの位置


見開き

 Amazon公式カバーは、閉じると自動でKindle Paperwhiteがスリープになる機能がついている。何となく、上の写真でいう赤枠部分の磁石(閉じた状態を保持するためのもの)に対応する位置に磁気センサがついているものだと思っていたんだけど、実は違った。

カバーの磁石位置

 クリップでカバーの磁石を探してみると、写真のようにカバーの左下のあたり(一つ目の写真の黄枠部分)に磁石が埋め込まれていた。つまり、KindlePW本体でその場所に対応する画面右下のあたりに磁気センサがあるみたい。

本体のスリープセンサ位置

 あいにく手元に手頃な磁石がなかったので、ドライバの先っちょの磁石で試してみた。画面の右下と本体下の端のちょうど真ん中にセンサがあるようで、スリープ画面に変わった。そのまま保持しているとスリープが続き、離すと解除される。

 BUFFALOなんかの自動スリープに対応していないカバーも、このセンサ位置に対応する場所に磁石を貼り付けとけば自動スリープ対応に改造できると思う。磁石の強さはクリップがようやくくっつく程度なので、弱くてもいけそう。

Kindle Paperwhite 3G (追記あり)- パドラッパ

 ググってみたら、カバーから自作した人がいた…。純正カバーは重いのでこういう使い方もありかもしれない。ただ、画面を壊してしまった身としてはハードカバー以外は怖くて使えないんだよね。


Kindle Paperwhiteの照明ムラ

Kindle mura

 Amazonも公式に認めていることだけど、Kindle Paperwhiteの画面下部に照明のムラがある。上の写真は暗い部屋で撮影したもので、見ての通りムラが目立つ。明るい部屋で使う分にはほとんど気が付かないレベルだし、読書に集中していれば気にならないけどね。

Kindle Paperwhiteの画面が壊れる

画面が壊れたKindlePW

 画面の左上隅だけがスリープ画面のまま変わらなくなった!

 カバー(Amazon公式のやつ)を着脱したときにかかったテンションが原因で壊れたのだろうか? 写真のように画面の一部が壁紙から変わらなくなった。タッチ機能には影響がなかったらしく、操作はできる。しかし、画面をリフレッシュ、再起動、端末のリセットをひと通り試すも復旧はしなかった(それどころか更に横線が入るように…)
 E-ink画面が弱すぎるのか、それともハズレ端末だったのか、いずれにせよ待ちに待ってやっと届いた次の日に故障してしまうとは、ホントに運が悪い。Kindleのサービスにはハードとサービスのどちらも満足しているし、期待しているんだけど、それだけに悲しさも大きい。
 同じ症状の人がいないかとググってみたが、PWで同じ故障をしたという報告は見受けられなかった。発売から間もない製品なのでまだわからないけど、Wi-Fiの件ほどメジャーな不具合(故障)ではないのだろう。とりあえず、月曜日の朝にでもAmazonに電話を…

 って、土曜日の深夜25時に電話つながるのかよAmazon!

 Webサイトでトラブルの仔細と電話番号を入力すると向こうから電話がかかってくるシステムで、担当者の入れ替わりで少しだけ待たされたけど、あっさりと話はついて無料交換することになった。交換品は早速24日には届くらしく、故障品は30日以内に着払いで送れとのこと。あと、逆にこっちが罪悪感を覚えてしまうほど謝られた。なるほど、これだけされたら悪評も書けないか。